元気です

音楽への比重が一番ではなくても、常に頭の中には歌いたいうたがたくさんあります。

少しの合間に散歩していて感じた景色とか。

大事なひとたちへの思いとか。

それは、今は表現できなくても、いつか音になって産み出される。

そう思って、いまはまず、音楽以外のことを一生懸命やります。

そして、時々家で歌っています。

どうか、どうか、待っていて下さい。

Dsc_0499


Dsc_0491


Dsc_0505


Dsc_0504

ありがとうございました!

「のんびりBossaCafe」にお越し下さった皆様、ありがとうございました!

Image2_3Img_2574

お天気に恵まれ、陽射しの差し込むホールにマスターがテーブルと椅子を良い感じにセットして下さっておりました。

カフェスペースへのドアを開け放ち、音と風が行き来できるような設定も理想通り。

詳しく説明しなくても私の意図をくみ取って下さっているマスターに感謝の気持ちでいっぱいです。

ホールに入ったときふっと香るようにベルガモットのアロマを炊いて。

リラックスした環境をつくろうとした自分自身が今回は緊張してしまったので、次回はもう少しゆったりおしゃべりしながらできるといいな・・・。

でも、初回としては次回へつなげるたくさんの気づきを得る良い機会となりました。

立石レイさんが、ツイッターに嬉しい感想を書いて下さっています。

皆様、本当に、ありがとうございました!

Img006Img007

聴きに来て下さった方が自由に持ち帰れるように置いた自作の葉書は、昔、歌えない事情があった時、曲への思いを綴っていた貼り絵を印刷したものでした。

これが予想以上の反響で。嬉しかったです。

色々な事情で自分のこころを見失ってしまっているひと、前へすすむための支えを必要とするひとたちのために何か自分にもできることがないか・・ずっと考えていましたが、いつか実現できそうな気がしてきました。

ゆっくり、じっくり計画を練りながら、自分自身のことも大切に、これからも歌を歌い続けます。

のんびりBossaCafe with遊

演奏イベントのお知らせです!

Img_0924

かしこまったライブというより、お茶しながらのんびりできる空間に音楽が流れる、といった感じにしたいと思っています。

途中出入り自由!お気軽にお立ち寄り下さいheart01

日時:2017年4月16日(日) 14:30~16:30頃まで 20分✕4回演奏します

場所:荻窪 かふぇ&ほーるwith遊

 TEL:03-6661-2336

 http://cafewithyou.web.fc2.com/index.html

演奏:つきこ(ギター弾き語り)

チャージ:お気持ちで・・(投げ銭)

テーブルと椅子があり、カフェでオーダーした飲み物をホールの中に持ちこめます。

読書しながら。お昼寝しながら。

もちろん、じっくり聴くもよし。

少しだけ、のんびりしていきませんか?japaneseteacake

水平線と満月

このところの慌ただしさがやっと一段落ついたので、稲村ヶ崎「アトリエ水平線」での柿木有加子さんレコ発ライブに行ってきました。

サポートは7弦ギターの尾花 毅さんとパーカッションの千田 利貞さん。

窓の外は素晴らしい景色。

PhotoPhoto_2

Photo_8

3_3

3人がつくり出すあたたかな音が、刻々と変わっていく海の色と溶け合って、ゆったりと美しい空間を作りあげていました。

Photo_6

帰り際、外に出たら満月が。

Photo_7

贅沢な一日でした。

4月16日ソロライブ

突然ですが、4月16日(日)14時頃から、弾き語りソロライブを予定しています。

場所はいつもの「かふぇ&ほーるwith遊」

のんびりお茶しながら、本を読みながら。

出入り自由の、音楽が流れるカフェ、という感じにしたいと考えています。

詳細がきまりましたらまたお知らせします!

Img_0924

with my soul

先週土曜日は、ジャズ・ピアニスト本田竹広トリビュート(没後11年)ライブ@桜木町ドルフィーへ行ってきました。

命日は12日だったので、2日遅れです。

いつも平日で行けず、悔しい思いをしてきたので、やっと行けて感無量です!

メンバーは・・

本田珠也(Drs.) 米木康志(B.) 板橋文夫(P.)

峰厚介(T.Sax) 守谷美由貴(A.Sax)

全曲、竹広さんのオリジナル曲でした(素晴らしい!)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

本田竹広さんのピアノの音に出会ったのは20代半ば頃。

最初の数秒でその音世界にぐいっと引きずり込まれていくような感覚を覚えました。

全身でうなり、疾走し、かと思えば静かな叙情をたたえて歌うピアノ。

音楽の楽しさを全身で表現する演奏が本当に素晴らしくて、頻繁に聴きに行っていました。

顔を覚えてくださって「やあ、来たね。ありがとう。」と気さくに話しかけてくださる方でした。

CDも、アドリブまでそらで歌えるくらい聴きこんでいました。

そのうち「こんなに楽しいのなら私も音楽を聴くだけでなく表現してみたい」と思うようになっていました。

本田さんが亡くなってから、しばらくはジャズを聴かずに長い年月が経過しました。先日のライブで、やっと事実ときちんと向き合えたような気がします。

今私が演奏しているのはジャズではなくブラジル音楽ですが、没後ずっと後になってから、本田さんの音のベースにもジャズやアフリカ音楽と同等にサンバが流れていることを知り、とても嬉しく感じました。

私がどんなときでも表現したいと思ってきたのは、その時々のありのままの心です。

竹広さんがサインにいつも添えていた「with my soul」という言葉を懐かしく思い出し、「そうだった、これでいいんだ。」と思えた夜でした。

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします。

Photo

年末のボーナスで、新兵器を購入しました。

お正月の間に、なんとか使いこなせるようにマスターしたいものです。

慣れてきたら、譜面作りなどにとても役立つはずなのですが・・。

新しい年も、楽しみながら色々チャレンジしたいです。

どうぞ宜しくお願いします!

いっぽ、いっぽ。

年末の行事が全て終わり、今日は1日中、大掃除にいそしんでいました。

夜、お世話になったお店のライブを聴きにいこうと思っていたのに。

「ピカッと輝くシート」の魔力にとりつかれ、気がつくと予定時刻が過ぎており・・なんとなくそのまま家にいてしまいました。。。(^-^;

今年もあとわずかです。

TMBossaさんとのバレンタインライブに始まり、10年ぶりのユニット再結成ライブ、そのメンバーでのクリスマス・チャリティーイベント、夏の間ずっと準備して叶えた2回目のCorrenteライブなど、今年は誰かと一緒に音を作りあげる機会に恵まれた1年でした。

その過程で、色々な学びもあり、楽しさは2倍、3倍、4倍と増えていき・・。

お客さまから演奏後にかけていただいた言葉ひとつひとつも、大切な宝物になりました。

たくさんの方々、ひとりひとりへ感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

本当に幸せな1年でした。

さて・・・来年は。

まだ予定は入れていませんが、あったかくなったら、のんびりお茶しながらの弾き語りライブも良いかな~などと構想を練っております。

シンプルに、力まずに、ありのままに、いっぽ、いっぽ。

来年も楽しく音楽を続けます。

Photo_3

音楽があるからこそ

久々の更新です。

今日はとても特別な一日になりました。

過去、私が一番苦しい時にそっと見守り、希望を与えてくれた大切なひとたち。

その恩人のような方々と、ある催しで一緒に演奏しました。

半クローズドなイベントでしたが、今までにない大きな会場で、400人以上のお客さまに聴いてもらったことも貴重な経験でした。

出演者はみんな、音楽以外で責任ある仕事を抱えている方々です。

ジャンルは様々でしたが、音楽が何よりの心の支えになり、それがあるからこそ毎日を頑張れている、という思いは、皆共通なことがわかり、とても励まされました。

音楽を生業としていない私にとって、仕事には全く影響しない自分の時間を使っていても、「本業以外のこと」に没頭するだけで、わけもなく後ろめたい気持ちになることが、たまにありました。

一切迷惑かけていないし、与えられた仕事は第一優先してきっちりこなしているつもりですが。

なんというか・・・「仕事に人生を捧げた」みたいな方々の毎日と比較して、申し訳ないような気分になったりしていたのです。

でも、明日から胸を張って、仕事も音楽も、楽しんで続けようと思います。

大きな大きな心のクリスマス・プレゼントをいただいた気持ちです。

細々とでも、続けていればこんなに素敵なことも起こるんだ、と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

心のあったまる、貴重な週末でした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

以下、演奏曲目です↓

Corcovado

Pra machucar meu coracao

Minha namorada

Garota de Ipanema

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

カエターノ・ヴェローゾ来日!

まだ、余韻から抜けきれずにいます。モントルー・ジャズ・フェス・ジャパン。

なんと、一番前の真ん中という奇跡みたいな場所に恵まれました!

(真っ先に予約してくれたKayoさん、ありがとう!!!)

テレーザ・クリスチーナ。

歌の上手い人だな~とは思っていましたが、実際に聴いて感動しました。

なんというか・・・生きているありのままを歌にして、そのままみせてくれている感覚。

彼女の心が、いろんな思いがそのままストレートに伝わってきて、気がついたら涙が出ていました。

歌というのはこういうものだなぁ、と感じました。

歌の背景とかもちろん大切だけど、やはりうたうひとのありのままが出るからこそ、心をクリアにしてうたいたい、と気持ちを新たにしました。

そして・・・カエターノ・ヴェローゾ。

弦をはじく音、ギターの倍音、息づかいまでもが生で聞こえてくる。

照明も相まって、2人きりの空間で歌いかけてくれるような感覚。

これはもしや夢なのか?と思いながら観客の割れるような拍手ではっと我に返る、そんな風に聴いていました。

時には会場にほほえみかけ、感極まるように沈黙し、また歌い出す。

その場にいる全員が濃密な幸せを共有していました。

もう、凄すぎて言葉に表現できません。

そのため、ブログ記載が途中で止まっていましたが・・・

山本のりこさんが、私の言いたかったこと全部、いや気づけなかったことまで詳細に、熱い熱い文章でレポートしてくださっていました。

是非、そちらをご覧ください!

http://noriko-yamamoto.cocolog-nifty.com/memo/2016/10/caetano-apresen.html

この文章を読んで、のりこ師匠のお人柄と音楽の奥深さをまたさらに感じたのでした。

«Vamos!!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ